パワハラの定義とパワハラ裁判事例

パワハラの定義と裁判事例

みんな気になっている事だと思いますので、どこからがパワハラなのか書きたいと思います。この記事を読んで少しでもパワハラについての理解のきっかけにつながれば嬉しいです。

パワハラの定義とは

パワーハラスメントの略で法令上明確な定義はされていませんが、厚生労働省によると

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」
出典:厚生労働省

と定義されており、2001年に東京のコンサル会社クオレ・シー・キューブの代表である岡田康子とそのスタッフが創った和製英語だそうな。(広めてくれてありがとう!岡田さん)一般的に分かりやすく言えば、「職場内での地位や権限を利用したいじめ」のことを指し、業務上必要な指示や注意指導が行われている場合には、パワハラに該当しません。あくまでも、「業務の適正な範囲外」の行為がパワハラに該当します。また、暴言1回でもパワハラになる場合はありますが、何度も繰り返し行われていることの方がパワハラ認定されやすいです。

上記の基準に照らし合わせて分かりやすくすると、以下のような図になります。

パワハラの定義の図

こうやって分けてみると分かりやすいですね。パワハラに該当する場合は、「否定的」、パワハラに該当しない場合は、「前向き」
パワハラの加害者がどのような目的を持って、どのように話をしているか、見てみると分かりやすいと思います。

例:私のパワハラ体験談

私自身が実際に遭った例ですが、3人部署のチームのリーダーとして働いていましたが、上司が私の事を気に食わないという理由で、私だけ別の部署に移動することになりました。
チームでやってる部署で、まだ部下に仕事を教えている最中だったので、「業務に支障がでる」と伝えて、これを拒否しましたが、全く聞きません。
この場合、部署の連携が取れなくなり、仕事がしづらくなる事で、人件費が余分にかかるし、会社の利益にはなりません。ストレス発散、嫌がらせに該当します。
人間関係を離すこういった事例は、よっぽどの事が無い限り正当性は認められません。

注意
1回〜2回でもパワハラに該当する場合もありますが、通常は執拗に繰り返すことがパワハラの条件となるようです。また、上司だけでなく、部下や同僚間で「業務の適正な範囲を超えた」言動などもパワハラに該当します。パワハラだなと思ったら、しっかりと録音して証拠を残し、慰謝料などの損害賠償を請求しましょう

新入社員なんだから1時間早く出社しろ、遅くまで残れ!の場合

パワハラされているイラスト

こういったケースが悩むポイントになります。こういった場合は、慎重な判断が必要です。他の人はしていないのに自分だけ強要されたりした場合や、
何日も続けてこのような指示をされる場合はパワハラに該当する可能性が高いです。会社によっては本当に業務上必要な場合もありますので、
そういった場合にもし裁判で争う際は、相手が反論してきやすいです。また、業務時間外の仕事は残業扱いになるので、残業代を請求できますので、
タイムカード、出勤時の打刻、パソコンのオンオフの記録など出勤した事が分かる記録は残しておいても損はないと思います。

パワハラ6つの種類(分類)

以下の分類はすべてを網羅するものでは無いですが、よくあるパワハラの種類として厚生労働省がまとめたものになります。

分類1:身体的な攻撃
足でけられる(女性:50歳以上)
胸ぐらを掴む、髪を引っ張る、火の着いたタバコを投げる(男性:40歳代)
頭をこずかれた(男性:50歳以上)
分類2:精神的な攻撃
皆の前で大声で叱責。物をなげつけられる。ミスを皆の前で大声で言われる(女性:30歳代)
胸ぐらを掴む、髪を引っ張る、火の着いたタバコを投げる(男性:40歳代)
同僚の前で無能扱いする言葉を受けた。(男性:50歳以上)
分類3:人間関係からの切り離し
挨拶をしても無視され、会話をしてくれなくなった。(女性:30歳代)
報告した業務への返答がない。部署の食事会に誘われない。(女性:30歳代)
他の人に「私の手伝いをするな」と言われた。(男性:50歳以上)
分類4:過大な要求
就業間際に過大な仕事を毎回押し付ける。(女性:40歳代)
一人では無理だとわかっている仕事を一人でやらせる。(男性:20歳代)
休日出勤しても終わらない業務の強要。(男性:30歳代)
分類5:過少な要求
従業員全員に聞こえるように程度の低い仕事を名指しで命じられた。(女性:20歳代)
営業なのに買い物、倉庫整理などを必要以上に強要される。(男性:40歳代)
草むしり(男性:50歳以上)
分類6:個の侵害
プライベートな事を聞いてきたり、相手は既婚者であるにも関わらず独身の私にしつこく交際を迫った(女性:20歳代)
交際相手の有無について聞かれ、過度に結婚を推奨された。(女性:30歳代)
個人の宗教を、皆の前で言われ、否定、悪口を言われた。(女性:50歳以上)

出典:厚生労働省報道発表資料より

パワハラ実際の裁判例

ここからは、実際の裁判例を分かりやすくイラストを交えてご紹介したいと思います。

名古屋南労基署長事件

パワハラ上司

主任失格だよ。おまえなんかいてもいなくても同じだっ!!それと、目障りだから、そんなちゃらちゃらした物(結婚指輪)は外せ
・・・(指輪は外しません)

ハリくん

解説
実際は、被害者は他にも色んな事をされています。加害者側は、「結婚指輪を外せと言ったのは、仕事に対する集中力の低下につながるから」という様な反論をしていたが、裁判所は、死亡の前週の複数回にわたって、結婚指輪を外すように命じていたと認められる。これらは、何ら合理的理由のない、単なる厳しい指導の範疇を超えた、いわゆるパワー・ハラスメントとも評価されるものであり、一般的に相当程度心理的負荷の強い出来事と評価すべきであると説明しています。

(※上記の会話は実際の判例を元に再現しています)

参考:名古屋南労基署長(中部電力)事件」(名古屋高判平 19.10.31)

ネスレ事件

パワハラ上司

配置転換を命ずる
すみません。こういう理由があり厳しいです

ハリくん

パワハラ上司

よーし、お前には1年間仕事を与えない。同僚に話しかけるのも禁止
うわぁ、まじか、最悪だ

ハリくん

パワハラ上司

おいっ、会社のノートを使うな。それと、トイレ以外はウロウロするんじゃないよ。今週は何すんの?
解説
裁判所は、労働者が配転の必要性について理解を示さないからといって、翻意を促すための手段として、労働者に対し意向打診、説得の範囲を超えて嫌がらせ等の行為をすることは許されるものではなく、結果として本件仕事の取り上げ及び嫌がらせは、加害の意図をもってなされ合理的な裁量の範囲を逸脱し、不法行為を構成すると判断している。
(※上記の会話は実際の判例を元に再現しています)

出典:神戸地判平6・11・4判例タイムズ886号224頁

おまけ:友人が体験した例

パワハラ上司

子供はいつ予定しているの?もう結婚したんだし、子供の事も考えているでしょ?いつ?
すみません。はっきりと時期とかそういうのは、決めていないです

ハリ子

パワハラ上司

あと1年〜2年は子供なんて作らないでよね。人手が足りないんだし、迷惑だから
・・・・

ハリ子

パワハラ上司

ピル持ってないなら、買ってきなさいよ。みんなやってる
解説
友人が実際に言われたらしいです。ストレスで毎日テンション下がったまま仕事にいってます。最悪ですね。子供の事まで言われるなんて。。
ちなみにこれは、出産や育児に関するハラスメントなので、マタニティハラスメントと呼ばれています。ハラスメントの種類については、また別の記事でご紹介します。

国のデータを見てみる「いじめ・嫌がらせに対する相談が5年連続トップ」

なんかとんでもない数字が出てきました。総合労働相談に寄せられた相談件数は9年連続で100万件超え。
なんか、9年連続とか出てくると、「よっ記録保持者!」とかって景気よく叫びたくもなりますが、結果は最悪といえるでしょう。

パワハラしているみんな〜日本の恥〜

ハリくん

ここで、平成29年6月に厚生労働省から発表された労働に関する争いのデータを見てみましょう。

民事上の個別労働紛争主な相談件数

 

うわぁ〜日本の闇だねぇ〜。不景気になると、いじめや嫌がらせが増えると言われているけど、ほんとその通りだね。また、いじめや嫌がらせ件数の増加に比例して、自己都合退職が増え、解雇そのものは激減しているね。要するにみんなパワハラなどで自己都合退職に追い込まれている可能性も高いね。こりゃいかんなぁ〜

ハリくん

民事上の個別労働紛争(相談内容別の件数)
出典:個別労働紛争の解決制度に関する平成28年度の施行状況

相談内容別の件数だよ。これってどうすればいいんだろうね

ハリくん

占い師にこの国の未来を聞いてみた

国の未来を占い師に聞いてみた
国の未来なんてどうなるか分からない!という事で、占い師に聞いてみました。

不景気で、いじめや嫌がらせが増えているし、今後我々はどうしたらいいの

ハリくん

占い師

あんたねぇ!!未来なんて、まだ来ない未来なんだから分かる訳ないじゃない!!
なんだよコイツ格好だけかよw

ハリくん

占い師

ただね、言える事があるわ。人は心に余裕の無い時にいじめや嫌がらせなんてバカな事して自分の気持ちを発散させようとするの。この国では今多くの人が世間体という、ありもしないものに惑わされて心の余裕を失い、何者かになろうと幸せを追い求め、自分と向き合う事もせず、必死に目の前の事をスマホや色んなものを使ってごまかし、本当に自分が何をしたいのか?という事から逃げているわ。それもこれも、心に余裕がないからなの
なんだ急に喋りだしたな。だから、その心に余裕がないからパワハラとか色んな事が起きているんでしょう?じゃあどうしたらいいのよ。

ハリくん

占い師

これは、とても勇気の要ることだけれど、自分に素直になること。これがこの国の未来を良くする近道になるわ。
仕事行きたくないよ〜行きたくない。これが本音だけど、明日から行かなくていいの?日本中のみんながそうなったら、日本滅びるでしょ何言ってんの

ハリくん

占い師

どうしてあなたはその仕事を選んだのだろう。どうしてあの人は消防士に、どうしてあの人は医者になったの?日本中の人がみんな好きな事をやったら、好きなところに物事がスッと収まるの。9年連続労働に関する相談が100万件超え、自殺者数万人の世の中で、今の状況の方がおかしいことはあきらかでしょう。
けど、仕事行かなかったら、ワイはどう暮せばいいのさ

ハリくん

占い師

無理をしない範囲。これも同時に伝えておくわ。仕事行くのと、辞めるのと、どっちが無理してる?辞める事で今後の不安が頭をよぎり、ストレスになるのであれば、無理する必要はないわ。ただ、自分のできる範囲で、小さい事から、いつもよりちょっとだけ早く帰ってみる。とか、ほんと少しの事からでいいから、無理のない範囲でその時々自分が感じている本音をしっかり出すこと。政治も経済も、この国も、私達一人ひとりの意識が動かしているわ。日本と呼ばれている土地はあれど、国というハッキリ形としたものなんて存在しないように、一人ひとりの選択で未来は変わるわ。
なーんか、納得いかないような、なんなのか、けど確かに人生1度きりだし、無理しながら本音を押し殺すのも死ぬ前に後悔しそうだよな。まぁ、よく分からんけど、またな

ハリくん

占い師

どぉおーーん!!
うぉっ!なんだ!!!!

ハリくん

占い師

おまじないをかけておいたわ、ゆっくり歩めるといいわね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。