VRエンジニアへの転職がめちゃめちゃ穴場な件

VRエンジニアの転職記事のキャッチ画像

こんにちは。転職活動中のハリです。

正直、今の時代ネットとかパソコンとか全然
分からなかった産休中のママや保育士など、
IT業界でもなんでもない普通の人が

プログラミングなどを習得して、
どんどん活躍している時代です。

なぜなら、学べる環境が増えてきたからです。
今回は、VR業界への転職がめちゃめちゃヤバイ。
という事を解説しようと思います。

VR市場の成長

これがめちゃめちゃ大きいですね。
国内のVR市場はもっともっと伸びます。
スマホにAR/VRがついている時代なんて当たり前にくるでしょう。
市場規模としては、こんな感じで成長すると予想されています。

VR市場規模グラフ

図の出典:MMRI ( https://www.m2ri.jp/ )

こちらは、米国のVR市場規模調査です。毎年倍近く市場規模が伸びる予想です。

米国VR市場規模グラフ

なんとなく分かると思うのですが、これもう、
「VRってなに?知らない〜」って言っていると後からどんどん
追い越されてしまいます。VRとか未来の技術に関して、
トキメキを感じている人で転職を考えている人は、

今の段階から波に乗っておくと後からかなりラクだと思います。

VR企業の転職事情、給料は?

▼2018年4月の時点でこれです。

VRの求人を調べてみると

以下は2018年7月時点で、某求人サイトにてVR求人を調べた結果です。
かなり高いです。びっくり。ただ、こちらの内容は年収600万以上で
絞ったデータなので、絞らずに検索すると350万〜800万ほどで
多くの企業が見つかります。チャンスの多い職種なので、
探そうと思えば、見つかる感じですね。ハローワークでも
見つかるぐらいですから。

VR求人情報

VR企業に転職する方法は?

穴場な理由がもう1つ。VRはこれから確実に伸びる業界なのに、
圧倒的な人手不足なんです。VR専門学校なんてものも、
まだ無いので、企業は各種SNSを駆使して、

自分でVRに関する作品を作っている若手を探しています。

こんな穴場な状態ってあります?笑

VR業界に詳しい方々もこんな感じでTweetしています。

すごいですよね笑。

ちなみに日本のVR業界で活躍しているGOROmanさんの場合は、
Oculus(オキュラス)のVR社員として働いていた時代には、
年収1300万ほどあったそうです。

↑現在は、VR関連の会社を立ち上げてバリバリ活躍しているので、
年収は、Oculus (オキュラス)時代を超えているとかなんとか。

先程の大学生のツイートもそうですが、

学生時代に独学で作品を作り、そのまま就職→年収800万あたりでウロウロして、
独立して年収2000万というのも充分可能です。この方は早い時期から
目をつけていたので今後将来安泰でしょう。VR業界こんな感じ。

VR学生が就職して独立するまでの図解

▼この大学生のツイートはこちら。かなりバズってます。

今のVR業界だと、スキルがガチガチに固まっていなくても
ある程度、触れれば就職できるそうです。今後、VR業界の人数も
徐々に増えてくると思います。

今がチャンスですね。。

ツイッターで就活みたいなのも少しずつ増えてくるでしょう。
この大学生みたいに、今のうちスキル付けて遊びながら
ゲーム作って、拡散して、就活、独立コースがいいと思います。

ハリ

まさにこれな、昔は人気の企業でも、熱中症への子供でも分かるようなマズい対策や、
未だに判子リレーで消耗しているところを見ると、さっさとスキル付けて飛び出したほうがいいと思います

初心者でも学べるプログラミング教室がめちゃいい感じ

VR好きだけど、食べるのも忘れるぐらいオタクになって
熱中するまではいかない。けど、将来何らかの形で
VR業界で働いて、未来を感じるワクワクガジェットに
触れていたい。って人にはいい感じのプログラミング教室を紹介します。

VR開発では必須の技術であるUnityのコースもあります。
▼他に習得できる言語・ツールはこちら

習得できる言語一覧
プログラミング初心者が、仕事や学業と両立しながら、
効率良く学習できるようになっています。
レッスン5回分無料なので、利用した空気感を味わう
だけでもいいと思います。

ポテパンキャンプ

こちらもいい感じです。習得できる言語は主にRailsで、
ネットではもっぱら評判がいい印象。VR開発ならUnityが
鉄板ですが、WEBサービスなど作る場合はRailsなどの言語
を使います。VRのプラットフォームをRailsで支える事はできるかなと。

ネットで見てみても、かなり評判がいい。
というか、色んな人が使っている印象。

ハリ

ちなみにこのプログラマーユウさん。めちゃめちゃやる気に溢れていて、見ているだけでかなり頑張ろう!という気持ちになります。

お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

WebCampPro

こちらの習得言語は、HTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Rails など
総合的にかつ専門分野も網羅した言語を習得できます。

WebCampPro

このスクールは主にこんなメリットがあります。

  • 3ヶ月の短期間でエンジニアスキルが身につく
    →ダラダラ長く2年、3年やるとこよりも全然いい
  • 教室が22時までやってるし、好きな時に通い放題できる
  • 転職保証制度なので、転職できなかったら全額返金
  • 実際に転職した卒業生達が多くて実績がある
  • 月3万から分割費用支払える

デメリットは総額40万の支払いが必要です。
まぁ、デメリットとは言え、普通のスクールも30〜40万するし、
それから転職活動してすぐに見つかる保証なんても無いので、

勉強→就職→すぐスキルつける

というのがパッケージされている方が個人的にはお得だと思います。
昔、デザイン系の専門学校に行ってましたが、
最初の1年は「みんなと仲良くなるゲーム」とか、
「ほぼ何も教えてくれない各自自習的な絵の授業」、
「ほんとに簡単な画像加工の授業」とかに、

何十時間も使い、結局本当に身になる授業は2年のうち6ヶ月
ぐらいしかなかったですw

個性的なお友達が沢山できたので、そこは良かったですが、
目的がしっかりしてるなら、短期間の授業でしっかり学んだほうが
いいと思います。

昔デザインの先生が、
「ぶっちゃけ現場にいけば、ここで学んでるものは3ヶ月で学べる」
と話していましたが、ほんとその通りだと現場に出て実感しました。

ハリ

英語は海外で学んだらすぐに覚えられるよってのと同じだね。
どこのスクールも無料でお話聞いたりできる面談はできるから、
一度面談に行って、雰囲気見てから考えてね!
面談スタッフの対応が良かった!とか、実際の卒業生の話とか、
新しい情報も沢山手に入ると思うので。

WebCampPro

ハリ

最後はピンと来た方を選ぶとGOODです!!何か、違うなと思ったら、違和感の原因って絶対あるから、面談後でも一度検討してみていいかも。それでは、また何かあれば紹介するね!さらばッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。